HOME > 循環器系 > 高血圧 > 収縮期血圧と拡張期血圧
収縮期血圧と拡張期血圧

内科の病院で検診など受けた方なら、おわかりになると思いますが、血圧を測りましょうといわれて、看護婦さんから「上は○○、下は○○ですね」と告げられたことがありませんか。
これは血圧は2つの数値で表されるためです。
上というのは心臓がギュと収縮した時、同時に血圧は高くなりますので、「収縮期血圧」とも呼ばれます。
下というのは心臓が次の収縮の準備のために拡張して血圧は低くなる状態ですね。
「拡張期血圧」とも呼ばれます。

一般に健康な人間の血圧は、この上下の値にめやすがあります。
普通は上が130mmHg未満、下は85mmHg未満が正常値とされています。
この値が少しでも上下すると高血圧症や低血圧症なのかというと、そうではありません。
運動や心理的な原因で高くなることも普通で、あくまで目安ですから、そう気にすることはないでしょう。
実際血圧には個人差があることも事実です。

正常値との違いよりも、ご自分の普段の血圧値が大きく変化することの方が重要なのです。
但し高血圧症といわれるものは、いつ測っても上の値と下の値は通常値より高いという特徴があります。
逆に低血圧症では両方が低くなりますから、血圧は上下2つの値を調べて病気かどうか判断できるわけです。
最近では血圧計なども安価で便利なものが入手しやすいですね。
ご自分でいつでも血圧を測ることができるようになりました。
お医者さんに行かなくても、通常値を覚えているだけで、自宅で健康のバロメーターである血圧の異常をチェックすることができるのです。
自分の体調をいちばん知らなくてはならないのは自分自身です。
血圧をまめに測って、もし、あれっ異常かなと思ったときは、今度は本番。
すぐお医者さんに相談するのも、健康を守る知恵のひとつですね。

ページトップへ