HOME > 循環器系 > 糖尿病 治療 > 糖尿病とは続き
糖尿病とは続き

ブドウ糖が体を動かしている、と書きましたが、ブドウ糖がただ血液中に取り込まれただけでは体は動かせません。
体を動かす筋肉に栄養として取りこまれるにはインスリンというホルモンが働かなければなりません。

インスリンはすい臓からだされるホルモンで、食事を取った時に自動的に排出されるようになっています。
ブドウ糖やアミノ酸を接種すると、インスリンが出てきてそれを筋肉に取りこませる、この一連の動きで血液中に余分なブドウ糖が残らないように調節されているのです。

しかし、良くない生活をしているとすい臓の働きが弱まりインスリンが出せなくなることがあります。
インスリンが出なければ血液中にブドウ糖が留まったままになり、血糖値が上がってしまうのです。
すぐに回復すれば良いですが、回復しなかった場合糖尿病と診断されてしまうのです。

血糖値が高い状態が続くと最悪の場合失明したり手足を切ることになったり、とさまざまな問題が生じます。
血糖値が高いだけならば、食事制限や投薬治療によってなおすことが可能ですが、体のほかの部分に問題が出てから治療をするとなると、大変です。

糖尿病になると一生血糖値と付き合っていかなければなりません。
良い食生活を送ることは糖尿病ではない人が病気にかからないために有効な手段です。
また糖尿病になってしまった人にも病気を抑えるためにも有効な手段です。
ジャンクフードや外食ばかりの人、油ものが大好きな人、炭水化物ばかり食べている人、これを機に自身の食生活に気を配ってみませんか?

ページトップへ