HOME > 女性の病気 > 子宮筋腫 > 子宮筋腫について
子宮筋腫について

子宮筋腫という病気を皆さんはご存知でしょうか?
女性であれば、自分が発症をしていないか、1度は気になる病気だと思います。
筋腫というのは、筋肉の瘤のような塊のことで、それが子宮内に出来てしまうため、子宮筋腫という風に呼んでいるのです。
子宮筋腫は腫瘍の1つではあるのですが、悪性ではなく良性の腫瘍ですので、転移をするようなことはありません。

筋腫は、できたてのころはとても小さいのですが、だんだんと健康な筋肉を押しのけていき、大きく成長をしていきます。
筋腫の大きさというのは本当にさまざまで、顕微鏡でしか確認が出来ない小さなものから、こんなに大きなものが子宮にできていたのか、というくらいに数十センチの大きさになることもあるのです。
あまりにも大きいものは、手術を行って切除をすることになります。

子宮筋腫は、全て手術で取り除くわけではありませんが、手術で切除をしたものを実際に見てみると、ソフトボール位の硬さで、ピンク色yは灰白色をしているそうです。
筋腫によって子宮内の血液の巡りが悪くなっていた場合は、暗赤色をしていることもあります。

子宮筋腫は、子宮内であればどこにでもできてしまうと言われています。
できた場所によっては、他の身体の器官に症状が出ることもあれば、治療法も変わることもあります。
子宮筋腫といっても、筋肉の内側にできるものもあれば、外側にできるものもあります。
また子宮だけではなく、膣の方まで飛び出してできるような筋腫も中にはあるのです。

月経がある女性であれば、誰もが子宮筋腫になる可能性があります。
子宮筋腫というのは珍しいものではなく、大きさやタイプを問わなければ、ほとんどの女性にあるものだとも言われているくらいなのです。
子宮筋腫が発見されるのは、30~50代の年齢の方が多いのですが、月経が始まったのが10代前半という方が増えてきた今では、20代の若い方でも子宮筋腫が見つかる方が多くなってきています。

ページトップへ