HOME > その他 > B型肝炎 > B型肝炎とは
B型肝炎とは

B型肝炎という病名を聞いたことがありますか?
大きな病院に行くとポスターなどでB型肝炎の案内があったりもします。
このB型肝炎という病気は、ウイルスによって感染をします。
感染をしたとしても確実に発症をするようなことはなく、多くの方が発症をしないままでいることの方が多い病気です。

日本では、150万人の人がB型肝炎のウイルスに感染をしていると言われており、実際に発症をしているのはその中の5%程度だとされています。
B型肝炎を発症して放置をしておくと、肝硬変や肝臓がんといった病気に進行をしていくと言われています。

戦後の時期には、日本で幼児を中心にB型肝炎が流行したことがありました。
これは、集団予防接種にて注射針を使いまわしていたことが原因だったと言われています。
注射針の使いまわしというのは、ウイルスなどの感染の危険性があることは分かってはいたのですが、国がその事実を野放しにしていたのです。
その結果が、B型肝炎の流行に繋がったのです。
国はこの非を認め、給付金を発病者に支払うような手続きを行っています。

B型肝炎のウイルスに感染をしても、症状が出る人は非常に少ないと言われています。
急性肝炎になるのが30%程度で、劇症肝炎になるのは1%程度だと言われています。
これらの症状は初期症状ですので、治療を行えば元通りの生活を送ることが出来るのです。

B型肝炎の感染経路は、注射針や性交渉というのがよく知られていましたが、母子感染を起こすこともあると言われています。
母子感染というのは、母親がB型肝炎の陽性者であったために、胎児にもB型肝炎を感染させてしまうのです。
近年は、B型肝炎の認知度が高くなってきていることから、感染者数は戦後よりも確実に減ってきています。
しかし、全くゼロになったというわけではないのです。

ページトップへ