HOME > 心の病気 > 心療内科とは > 心療内科とは
心療内科とは

心療内科は、病院にいくとよく見かける科だと思うのですが、実際に心療内科がどんな病気の診察や治療を行っているのか、知らない方も多いでしょう。

病院にはたくさんの診療科があることから、どういった診療科でどのような病気の治療が行われているかを把握しておかないと、適切な診察や治療を受けることが出来ない可能性もあります。
自分で診療科の判断が出来るよう、まずここでは心療内科についてご紹介をしていきます。

心療内科は、ストレスなどで心や身体に異常が出てしまう心身症の診察を行っている診療科です。
心療内科を近年よく聞くようになったのは、ストレス社会である現代だからでしょう。
たくさんの方がストレスにより身体や心の以上を感じていることから、心療内科に通う患者数も増えてきているのです。

昔から、「病は気から」と言いますが、心療内科ではまさにこの言葉の通りで、心にダメージを受けることで発症をする病気の治療を行っています。
心療内科では、ウイルスなどで風邪を引くといった病気とは違う種類の病気ですので、短期間の治療で治るものもあれば、治療に長い期間を要するものもあるのです。

心療内科は、心の病を治療する場でもあることから、精神科や神経科と同じだと思われている人が非常に多くおられます。
心療内科も精神科も神経科も、ウイルスなどが原因となる病気を治療する場所ではありませんので、同じようなものだと考えるのでしょう。
しかし、心療内科と精神科、神経科は、全く別のもので治療を行う病気の種類も異なってくるのです。
このことについては、次回に詳しくご説明をしたいと思います。

ページトップへ