HOME > 心臓の病気 > 心筋梗塞 > 恐ろしい病気、心筋梗塞
恐ろしい病気、心筋梗塞

死に至る病としてすぐに思いつくものはおそらくガンではないでしょうか。
日本において、がんは過去数十年ずっと病気による死因の第一位であることをご存じの方も多いでしょう。
では、病気による死因の第二位はどんな病気かはご存知でしょうか。
それは「心筋梗塞」であり、全ての死因のなんと約15%もを占めています。

死亡率の高い病気として知られる三大疾病は、ガンと脳卒中、そしてこの心筋梗塞の3つを指しています。
保険等でも特別な保証があったりと、それだけ恐れられている、命に関わる病気として扱われています。

しかし心筋梗塞は、ガンと比べるとその認知度、関心の高さは低いと言わざるを得ません。
突然死の代名詞のように、急性の心筋梗塞については恐れられていて、予防ができない病気と思われていることもその要因の一つでしょう。
実際には急性のものだけではなく、じわじわと進んでいくケースも多くあり、予防も可能な病気です。
兆候が見られればその時点で病院での検査を行い、治療を開始することで症状をコントロールしながら普通の生活をおくることができるのです。
ですが、心筋梗塞の症状について「急に胸が痛み非常に苦しむ」程度の知識しかない方が多いのではないでしょうか。

心筋梗塞だけに限ったものではなく、病気の予防のためにはその病気を知ることが何よりも大切です。
死因の上位にある病気ですが、初期の段階で適した治療を開始できれば助かる可能性はそれほど低いものではありません。
漠然と不安を感じずに、心筋梗塞という病気の実態について学んでいきましょう。

ページトップへ