HOME > 目の病気 > 飛蚊症 > 飛蚊症について
飛蚊症について

飛蚊症は、眼の病気の一つです。
眼科にかかる症状としては、よくある症状ですが、そのような病名を耳にしたことがない人もいるのではないでしょうか?

この飛蚊症という病気について解説していきたいと思います。
飛蚊症は、視野内に蚊のような小さな黒いものが動いて見えるといった症状があります。
それは、ある時は糸くずのように見えたり、黒い影のように見えることもあります。
眼球を動かしてみると、動き回っているように感じることもあります。
この飛蚊症の症状の大半は、加齢にともなって発症します。

飛蚊症であるから直ちに目の機能に支障が出るわけではありません。
ただし、場合によっては網膜剥離の初期症状として見られることがあります。
また、糖尿病性の網膜症の初期段階の場合にも飛蚊症の症状が現れることがあります。
症状に不安がある場合は、眼科を受診してください。

学校や眼科などで目の構造の断面図を目にしたことがあるかと思いますが、眼には球状の硝子体と呼ばれる部分があります。
硝子体は、透明なゼリー状の組織なのですが、それが混濁することが飛蚊症の原因となっています。硝子体が混濁すると、まるで視界にゴミがあるように見えるようになります。

硝子体が混濁する要因としては、複数の要因があげられます。
生まれつき硝子体に消失すべき組織が残っていることによって混濁が生じている場合があります。これは、生理的飛蚊症と呼ばれていて病気ではありません。
それ以外の要因では、加齢や強度の近視、目の打撲などによって生じる後部硝子体剥離があります。
網膜裂孔や網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎などの病気が原因となっている場合もあります。
また、一般的には、強度近視の人は飛蚊症を発症しやすい傾向にあります。

飛蚊症は、硝子体を手術すれば治療することができます。
しかし、硝子体の手術には大きな危険が伴うことが否めないです。
そのため、現実的には飛蚊症の治療として手術が行われることはありません。
海外においては、飛蚊症の手術が行われることもありますが、効果がみられない場合も多いようです。

ページトップへ