HOME > がん > 悪性リンパ腫 > 悪性リンパ腫について
悪性リンパ腫について

ガンという響きには、どきりとさせられるものがあります
よく知られているのが胃ガン、肺ガン、大腸ガンといったさまざまな種類があること。
それには良性・悪性と区別がつけられていることくらいでしょうか。
そのなかでも悪性リンパ腫というのは、ガンと名もつかないこともあり、あまり知られていないかもしれません。

なになにガンと名はついていませんが、悪性リンパ腫はガンの一種です。
体中を巡っているリンパ系組織が、ガンになるという病気です。
つまり、他の部位のガンのように、切ってしまえばとれてしまうものではないので、外科手術はおこなわれません。
ただし、腫大して圧迫されたところをやわらげるために、手術をすることはまれにあります。
ではどういった方法があるかというと、放射線治療と化学療法が主流の治療法です。

なぜこのような病気になるかといえば、感染症や炎症により、リンパ節が腫脹するということが原因になったり、悪性の腫瘍がリンパ節に転移することもあります。
ガンは良性だとすぐの危険性はないといいますが、悪性と名がつくと注意が必要です。
この悪性リンパ腫には良性がありません。
この病気になると、すべて悪性のガンということになります。

さほど聞く病気ではないとはいえ、一年間に10000人の方が、リンパ腫になっているとデータでは言われています。
しかし、総称して悪性リンパ腫といいますが、リンパ組織系のガンには、様々な病型があります。
そのなかの病型を区別してみましょう。
ひとつには、ホジキンリンパ腫といわれるものがあります。

ページトップへ