HOME > アレルギー > アレルギー科 > アレルギー科について
アレルギー科について

アレルギー科という診療科は、馴染みがないという方がほとんどだと思います。
というのも、近年アレルギー疾患者が増えたことで、新しく作られた診療科なのです。
よくアレルギー科と皮膚科を同じだと思っておられる方もいるのですが、皮膚科とは全くの別物になりますので、気をつけなければなりません。

なぜアレルギー科かと皮膚科を同じだと思うのかと言いますと、アレルギー反応は蕁麻疹が出るというイメージを持たれている方が多いからでしょう。
しかし、アレルギー反応が必ず皮膚に出るとは限りません。
アレルギー科では、どういった症状の患者さんが受診をされているのでしょうか。

アレルギー科を訪れる患者さんで多いのは、気管支喘息です。
気管支喘息は、生活環境、カビ、ダニなどさまざまな原因があると言われています。
自分ではその原因を判断することは出来ませんので、症状が見られたらすぐにアレルギー科で診察を受けるようにして下さい。

その他には、食物アレルギーや花粉症、ペットアレルギー、アナフィラキシー、薬剤アレルギーといった病気も、アレルギー科では診察・治療を行っています。
また、以外かもしれませんがアレルギー反応によって胃腸炎が起こることもあり、胃腸炎でもアレルギー科を受診しなければならないこともあります。

アレルギー症状というのは、放置をしてしまっていると取り返しがつかないレベルにまで悪化をしてしまうこともあります。
ちょっと症状が出たくらい大丈夫だ、と思わずに、すぐにアレルギー科を受診するようにして下さい。
アレルギー科が近くになければ、皮膚の疾患は皮膚科へ、喘息の症状は内科や呼吸器科へ行くようにして下さい。
早めに対応をすることが重要なのです。

ページトップへ