症状・病名から病気を検索。カラダの悩みを解決するサイトです。発熱、動悸、しびれ、めまい、頭痛、腰痛、下痢、便秘、むくみ、発疹、不正出血など、気になる症状から病名を検索し、専門用語もわかりやすく簡潔に解説。

循環器系


近年、日本では高血圧の人がとても多くなっています。 高血圧というのは、その名の通り血圧が高いことです。 ... 続き>>

目の病気


飛蚊症は、眼の病気の一つです。 眼科にかかる症状としては、よくある症状ですが、そのような病名を耳にしたこと... 続き>>

がん


ガンという響きには、どきりとさせられるものがあります よく知られているのが胃ガン、肺ガン、大腸ガンといった... 続き>>

アレルギー


アレルギー科という診療科は、馴染みがないという方がほとんどだと思います。 というのも、近年アレルギー疾患者... 続き>>

女性の病気


子宮筋腫という病気を皆さんはご存知でしょうか? 女性であれば、自分が発症をしていないか、1度は気になる病気... 続き>>

口腔


日本は、他国に比べて殺菌や除菌などを意識している人が多く、清潔にこだわる国だとされています。 殺菌や除菌を... 続き>>

心の病気


心療内科は、病院にいくとよく見かける科だと思うのですが、実際に心療内科がどんな病気の診察や治療を行っているの... 続き>>

胃の病気


胃潰瘍と言う病気は、ストレス社会である現代人にとっては、切っても切れないような病気だと言えるでしょう。 と... 続き>>

心臓の病気


死に至る病としてすぐに思いつくものはおそらくガンではないでしょうか。 日本において、がんは過去数十年ずっと... 続き>>

脳の病気


年齢とともにさまざまな病気にかかるリスクは増えます。 なぜなら身体機能が低下してくるからです。 身体... 続き>>

消化器系


人間であれば、誰しもが痔になる可能性があると言われています。 なぜ人間は痔になってしまうのかと言いますと、... 続き>>

子どもの病気


小児科にかかる時には、何歳までの子どもを連れて行ってもよいのか悩んだことはありませんか? 日本では、一般的... 続き>>

快眠


睡眠をとるというのは当然のことで、お仕事の都合でもない限りほとんどの方が毎晩眠っていると思いますが、ただ眠る... 続き>>

高齢者の病気


人間、年を重ねるとあちらこちらに不具合が出てきます。 40歳を超えたあたりから、何か病気を持っていたり、誰し... 続き>>

予防


最近、低体温についての本が話題になり、私達、人間は体温が低いと病気になり易いことが広く知られるようになりまし... 続き>>

その他


近年、「医療ミス」に関するニュースを報道番組などの特集で見る機会が増えてきました。 手術に使用したガーゼを... 続き>>
Column

終末期医療に関する諸問題

ここ数年で終末期医療というものが注目をされるようになり、病気の回復が見込めない患者さんに対する最期の迎え方というものに対して、深く考えるようになってきています。
医療技術の進歩に伴って、重度の病気を患っても延命措置を取ることが出来るようになってきているのですが、命を延ばすことよりも残りの時間を苦痛を感じずに過ごしたいという方も実はたくさんいらっしゃるのです。
病気の回復を見込むことが出来ず、余命を宣告されたのであれば、出来る限り残された時間を苦痛を感じずに穏やかに過ごしたいと考える気持ちは非常によく分かります。

ただ、私達は日常生活のことで精一杯で、万が一に備えて家族同士で話し合いをしたり意志を伝えるようなことをしていないのです。
終末期医療を望んでいても、それを書面化していたり、家族間で意志の疎通をしていたりされている方はかなり少ないのではないでしょうか。
終末期医療を受けることを望まれている方はかなり増えてきていることから、ケアを行なうスタッフが不足しているという問題が、近年実は発生をしてきています。

ですので、終末期医療を望んでいても受けることが出来ない方も出てきているのです。
医療技術が進歩し、延命治療を行うことが出来るようになったことで、尊厳死というものも問題として大きくあげられることが多くなってきています。

というのも、現在のところ尊厳死に関する判断というのは、現場に任せられていることが多いのです。
現場の判断が間違っていたのではないかということでトラブルに発展し、医師が書類送検されたという事例も過去に起こっています。
トラブルを避けるために医療機関側としては、尊厳死の法制化を求める声が多くあがっており、「尊厳死法案」の検討化が進められています。
延命治療を行うことが出来るようになった今、患者さんの命をどこまで伸ばすかというのが、非常に難しい問題としてあげられているのです。

ページトップへ